キャッシングの上限金額と年収の関係とは

キャッシングの貸付上限金額は、今は、法律によって明確に定められています。年収の3分の1が、各金融会社が融資を受けられる金額の上限値として設定されているものとなります。この決まりは、総量規制という名称がついています。一社から借りている金額に対して、年収の1/3という制限が課せられていると誤解している人もいます。年収が450万円の人がキャッシングを利用した場合、総量規制での制限は150万円になります。まずこの数字を頭に置いた上で、実際にキャッシングを利用する時の、融資可能な金額について具体的にイメージしてみましょう。この人が、別のキャッシング会社から100万円を借りていれば、あとは50万円を借りれば上限です。けれども、総量規制の定められた貸金業法は銀行や信用金庫は該当しないので、総量規制の対象ではないことになります。銀行法と、信用金庫法が、それぞれ銀行と、信用金庫の法律になります。この他、クレジットカードはキャッシングカードとして使う時には貸金業法、ショッピングカードとして使う時は割賦販売法の対象となります。そのため、クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の対象になり、年収の1/3以下に設定されます。法律でどこまでの融資が認められているのかを理解したほうが、キャッシングサービスは使いやすいでしょう。
クリーミュー