鍛治などについて勉強した

勉強をしました。梶の葉とは、かじのきの葉のことです。七夕に芋の葉の露で墨をすり、これに歌などを書いて供える風習があったそうです。楫とは船をこぐ道具のことです。鍛治とは金属を打ち鍛えて器具をつくること、またそれを職業とする人のことです。徒歩きとは足で歩くことです。徒医者とは歩いて往診する医者のことです。褐色とは濃い藍色のことです。徒歩路とは歩いて行くこと、徒歩の旅という意味です。舵柄とは舵の頭部に付けた取っ手のことです。舵を回転させるときに用います。楫取りとは楫をとって船の進路を定めることです。徒人とは歩いて行く人のことです。楫間とは櫓のひとこぎと次のひとこぎの間、わずかの間という意味です。楫枕とは船中で寝ること、船旅という意味です。徒渡りとは川を徒歩で渡ることです。楫緒とは楫を船に取り付ける縄のことです。且つとはあらかじめ、すでに、一方では、他方では、すぐに、次から次に、ちょっと、わずかにという意味です。glp-1ホルモン注射で痩せる