キャッシングの上限金額と年収の関係とは

キャッシングの貸付上限金額は、今は、法律によって明確に定められています。年収の3分の1が、各金融会社が融資を受けられる金額の上限値として設定されているものとなります。この決まりは、総量規制という名称がついています。一社から借りている金額に対して、年収の1/3という制限が課せられていると誤解している人もいます。年収が450万円の人がキャッシングを利用した場合、総量規制での制限は150万円になります。まずこの数字を頭に置いた上で、実際にキャッシングを利用する時の、融資可能な金額について具体的にイメージしてみましょう。この人が、別のキャッシング会社から100万円を借りていれば、あとは50万円を借りれば上限です。けれども、総量規制の定められた貸金業法は銀行や信用金庫は該当しないので、総量規制の対象ではないことになります。銀行法と、信用金庫法が、それぞれ銀行と、信用金庫の法律になります。この他、クレジットカードはキャッシングカードとして使う時には貸金業法、ショッピングカードとして使う時は割賦販売法の対象となります。そのため、クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の対象になり、年収の1/3以下に設定されます。法律でどこまでの融資が認められているのかを理解したほうが、キャッシングサービスは使いやすいでしょう。
クリーミュー

就職フェアの意外な利用法!面接の練習にもってこい

学生から社会人へとなる時に、多くの人が就職活動を行っているようです。会社に勤め始めてしばらくしてから、何らかの事情で別の会社に勤めるための、転職活動をスタートさせる方もいます。働きながら次の仕事を探すのは、思うように時間を確保することができませんので、効率的に仕事探しをすることが大事です。今の仕事に支障が出ないように日程を組みながら、転職活動のための日程調整をしなければなりません。ネット環境が普及するようになって、連絡方法は電話に限った話ではなくなり、メールやサイトの専用フォームが便利です。スケジュールの調整はメール等でできますが、面接を受けたり、会社を見学に行くのなら、実際に足を運ばざるをえません。就職活動では、就職フェアというイベントの案内をよく耳にします。新規採用者を求めている企業が複数、1つの場所に集まることによって話を聞きに来やすくなったり、他社とのコラボができるきっかけにもなります。就職フェアでは、キャリアカウンセラーとの相談や、各企業の説明会を受けられますが、その場所で面接をしている企業もあります。今年度はどんな予定で新人採用が行われるのか、就職フェアに行って確認しておくこともできます。転職活動をする時は、各企業ごとに自己分析や、面接対策が必要になりますが、正社員として職を得ながらやっていると時間が足りなくなります。就職フェアでは、応募を出している企業が一堂に会して、それぞれ採用情報を提供していますので、転職したい会社を探しやすいでしょう。
http://www.alambiqueinox.com/