学校が休み

今日は子供達の学校が休みだったため、朝からのんびりと時間を過ごしました。友達が昼前から家に遊びに来るというので、近くのセカンドショップのお店で待ち合わせし、そのまま一緒に食料品を買いに行き、うちに来る事になりました。セカンドショップでは子供服やおもちゃのセクションに行き色々見ていると、8歳の息子がナイトビジョンゴーグルが200円程度で売ってるのを見つけ、以前からほしがっていたので買ってあげました。友達が家に来てからは、お互いの長男が一緒に遊び、残りの3人(5歳、4歳、3歳)が一緒に遊んでいました。

上の二人はボードゲームをして、少し前家族から使わなくなったというエアーホッケーのおもちゃで遊び、下3人は娘の部屋で遊んだり、外で遊んだりしていました。昼ご飯は子供達にはとろけるチーズをのせたトースト。そして私と友達はキムチ鍋らしき物を作り二人で後から食べました。その後子供達はゲームをしたり、裏の庭で遊んだり。親はコーヒーを飲みながら、最近出会えてなかったので話が尽きる事なく、次からいろいろと話題が出てきてはそれについておしゃべりをして、、という感じでした。

彼女は私と違ってとても柔らかく、優しい感じのする人なので、一緒にいてとても楽で私の大事な友達の一人です。そんな時間を過ごしていたら、あっという間に家に帰る時間になり、友達と子供達は帰って行きました。http://www.nachtvanrembrandt.nl

ヴェルサイユ条約などについて勉強しました

勉強をしました。コルホーズは農民の共同農場でソフホーズは国営の大規模な農場です。1919年1月から連合国側はパリで講和会議をひらき、ドイツとヴェルサイユ条約を結び、他の同盟諸国とも個別に条約を結びました。これらの条約によってうまれた国際秩序をヴェルサイユ体制とよびます。すでに大戦末期には、アメリカ大統領ウィルソンが十四ヵ条の平和原則を発表し軍備縮小、民族自決、国際的な平和機構の確立などを表明していました。しかし実際の会議ではドイツへ報復する傾向が強く、ドイツは海外領土のすべてを失って軍備を制限され、さらに巨額の賠償金を要求されることになりました。またオーストリア=ハンガリー帝国は解体されてロシア帝国も崩壊したので、それらの領内から新たにチェコスロヴァキア・ユーゴスラヴィア・ポーランド・フィンランドなどが独立しました。しかし、民族自決の原則はヨーロッパに限定され、インドの独立要求は無視されて中国の主張も認められず、アジアでは戦勝国による再編成がおこなわれたに過ぎませんでした。クリームシャンプー