鍛治などについて勉強した

勉強をしました。梶の葉とは、かじのきの葉のことです。七夕に芋の葉の露で墨をすり、これに歌などを書いて供える風習があったそうです。楫とは船をこぐ道具のことです。鍛治とは金属を打ち鍛えて器具をつくること、またそれを職業とする人のことです。徒歩きとは足で歩くことです。徒医者とは歩いて往診する医者のことです。褐色とは濃い藍色のことです。徒歩路とは歩いて行くこと、徒歩の旅という意味です。舵柄とは舵の頭部に付けた取っ手のことです。舵を回転させるときに用います。楫取りとは楫をとって船の進路を定めることです。徒人とは歩いて行く人のことです。楫間とは櫓のひとこぎと次のひとこぎの間、わずかの間という意味です。楫枕とは船中で寝ること、船旅という意味です。徒渡りとは川を徒歩で渡ることです。楫緒とは楫を船に取り付ける縄のことです。且つとはあらかじめ、すでに、一方では、他方では、すぐに、次から次に、ちょっと、わずかにという意味です。glp-1ホルモン注射で痩せる

アイスクリームを食べたりした

アイスクリームを食べました。バニラティエというアイスクリームでした。バニラ味でした。中には、バニラビーンズが入っていました。濃厚な味でした。そして、勉強をしました。門詰めとは門の敷居、家の出入り口という意味です。門柱とは門口の柱、店構えという意味です。才めくとは才気が感じられるという意味です。かとも言わずとはどうかとも言わない、何も言わないという意味です。門守とは門の警護にあたる者、門番という意味です。角屋敷とは道路の角にある屋敷のことです。地の利がよいため、多く富裕の者が住んだそうです。気取るとは気づく、感づくという意味です。仮名とは漢字の草書体から成立した日本固有の音節文字のことです。仮名がちとは漢字よりも仮名を多く書いてあるようすのことです。金切るとは金属を切るような鋭く高い音を出すことです。仮名暦とは女子用の仮名書きの暦のことです。漢字書きの暦に対していいます。仮名草子とは江戸時代の小説の一種です。メンズ用デオドラントクリーム